学生残酷映画祭について

血がほしい! もっと若い血が!

サムライミもピータージャクソンも若い頃から皆スプラッター映画の虜だった…

学生残酷映画祭は、大学、専門学校生の作品を募集し、上映するという自主制作スプラッター専門映画祭です。学生残酷映画祭の大きな特徴は、募集作品は全て流血や人体破損等の残酷描写があることです。ホラー全盛期には多くの若者たちが残酷映画に魅了され、多くのスプラッタームービーが生まれてきました。そして今日、日本でも過激な残酷描写の映画が作られるようになりました。

学生残酷映画祭では学生ならではの視点から日本のスプラッター映画界の振興に貢献し、盛り上げていきたいと考えています。

▲このページのトップへ

第10回学生残酷映画祭の延期のお知らせとお詫び

我々学生残酷映画祭はカルト学生映画祭の極北を目指し、皆様からの多大なる協力のもとこれまで9回の映画祭を開催して参りました。決して大きなイベントではないものの、幸運なことに多くの才能あふれる作品・監督に巡り合う事も出来ました。 しかしながら第9回学生残酷映画祭は我々のマネジメント不足もあり収益は赤字化、加えて我々実行委員会が引き継いできた運営方法も限界を迎えスタッフ不足も深刻なものとなっております。もとより少人数の学生で運営しておりました故、現在の実行委員会では第10回学生残酷映画祭の開催は難しい状況です。そこで、今年度我々は第10回学生残酷映画祭の開催を延期する次第といたしました。応募をお考えになっていた皆様、開催を楽しみにしてくださっていた皆様、ご期待に応えられない形になってしまったこと、さらにはこのご報告が遅れてしまったことを深くお詫び申し上げます。 正直に申し上げれば、この映画祭の歴史を第9回でもって幕引きとする、それすら止む無しという状況でございました。我々学生残酷映画祭だけではなく学生映画全般が、延いては映画界そのものが、今時代の変わり目に立たされているのは、多くの方々が感じておられることと存じます。その中でどうにか記念すべき第10回を開催するためには、現在の実行委員会を抜本的に見直す必要がある、というのが我々のだした結論でございます。 第10回学生残酷映画祭につきましては、目処が立ち次第また告知の方をさせていただきたく思います。もちろん、当映画祭の応募条件は「学生の間に撮った作品」ですので今年度撮影した作品につきましても応募を受け付ける予定です。また、運営スタッフにつきましても引き続き募集しております。何卒ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。

学生残酷映画祭実行委員会

▲このページのトップへ

学生残酷映画祭2017

    学生残酷映画祭2017は終了いたしました。

    学生残酷映画祭
    日程

    11月19日(日)

    会場

    新宿ロフトプラスワン

     

    〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2 http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

    チケット

    学生残酷映画祭2017のチケットがe+にて発売されました。詳細は以下のページをご覧ください。

    https://eplus.jp/ath/word/68059

    審査員

    押切蓮介-漫画家。『でろでろ』『ハイスコアガール』『ピコピコ少年』シリーズ等

    高橋洋-映画監督、脚本家。『女優霊』『リング』『霊的ボリシェヴィキ』等

    平山夢明-小説家。『異常快楽殺人』『独白するユニバーサル横メルカトル』『ダイナー』等

    山口雄大-映画監督。『地獄甲子園』『魁‼クロマティ高校 THE★MOVIE』『珍遊記』
    『HIGH&LOW THE RED RAIN』等

    公式Twtterアカウント:https://twitter.com/gakusei_zankoku

    公式facebookページ:http://www.facebook.com/gakusei.zankoku

    学生残酷映画祭お問い合わせ先:gakusei.zankoku@gmail.com

▲このページのトップへ

2017年 結果発表

    グランプリ

    該当者なし

    観客賞

    『目には目を。尿には尿を。』 カシマタイセイ監督

    HIGH-BURN VIDEO賞

    『目には目を。尿には尿を。』 カシマタイセイ監督

▲このページのトップへ

グランプリ

    審査員による選出。

    副賞①:映画祭謹製ワラ人形

    副賞②:キングレコードホラー秘宝関連の映像制作権(予算はキングレコードより提供)

観客賞

    観客のアンケートの集計結果よる選出。

    副賞:シークレット

HIGH-BURN VIDEO賞

    ホラー、トラッシュ、エクスプレイテーション、カルトムービー他、完全日本未公開作品を発掘するDVDレーベル「HIGH-BURN VIDEO」代表の宮路良平氏による選出。

    副賞:HIGH-BURN VIDEO関連グッズ

▲このページのトップへ

学生残酷映画祭作品募集

応募規定
  • 専門学校、大学在籍時に制作した作品
  • 応募作品は1作品45分以内の映像作品(実写、アニメ問わず)であること
  • ジャンルを問わず、流血や人体破損などの残酷描写がある作品であること
  • 原則として映画祭当日監督が会場へ来られること
募集期間
8月1日(火)~10月18日(水)⇒10月31日(火)
※募集期間に関して、当初の告知では10月18日(水)までとお知らせしていましたが、諸事情により10月31日(火)まで延長させていただくことになりました。ご理解のほどよろしくお願いします。
応募用紙
PDFデータ

ダウンロードしてプリントアウトし、応募用紙に記入の上、DVDと同封してください。

応募方法
  • 応募メディアはDVDに限ります。
  • 応募用紙をプリントアウトし、必要事項を記入して作品DVDと共にお送りください。
  • DVDは1枚につき1作品のみ収録してください。応募はDVDプレイヤーで再生できる形式に限ります。
  • DVDメディア自体に必ずタイトル、氏名を明記してください。
  • メニュー画面はつけず、本編開始前及び終了後に約10秒の黒みを入れてください。
  • 16:9サイズの作品をレターボックス方式でDVDに記録したものは不可とします。
  • 外国語作品は日本語字幕をつけてください。
  • 作品の応募者には作品の受け取りから1週間以内にメールでご連絡させていただきます。メールを受け取らなかった場合は、お手数ですが実行委員会までご連絡ください。
  • 応募作品が多数となった場合は、実行委員会の選考によって上映作品を決めさせていただきます。
  • 応募作品は返却いたしません。ご了承ください。
  • 応募された作品は、学生残酷映画祭関連イベントでも上映させていただくことがありますが、その際には事前に連絡いたします。
問い合わせ先
gakusei.zankoku@gmail.com
主催
学生残酷映画祭2017実行委員会

▲このページのトップへ

アクセスマップ

新宿ロフトプラスワン→  http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/<学生残酷映画祭2016開催地>
東京都新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2
大きな地図で見る

▲このページのトップへ

予告編(2014年版)



予告編(2013年版)



予告編(2012年版)




▲このページのトップへ

学生残酷映画祭最新ニュース

11/25
グランプリ発表
”結果発表”更新しました。
10/27
審査員情報更新、その他
”チケット””審査員””賞”を更新しました。
8/4
作品募集開始!
”日程””開催地””作品募集要項”を更新しました。
7/15
開催告知
2017年も開催します!!

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system